仙台 相続税申告なら税理士法人青木&パートナーズ

遺産相続・遺言・相続税対策の専門サイト ― 仙台で相続税申告が得意な税理士事務所

相談受付中! お気軽にご相談下さい。 TEL:022-291-4318【受付時間】平日9:00~18:00 (土日対応可能)
  1. ホーム
  2. 相続豆知識
  3. [相続対策をお考えの方] 遺言が必要になるケース

[相続対策をお考えの方] 遺言が必要になるケース

こんな人は遺言が必要になる

子供たちの仲が悪い

遺言をしない場合、分割協議がまとまらずに申告期限が到来してしまうと各種特例が受けられず、相続税が増える恐れがある。

仲の悪い兄弟間で分割協議→分割されないまま申告期限到来→各種特例が使えない→相続税が増えるかも!?
ページ内リンクのメニューに戻る

事業を承継する息子がいる

遺言することで、自分の意志(自社株を後継者に引き継ぐ等)を相続に反映できる。

遺言をしない場合(法定相続分):妻1/2、長男1/4、次男1/4。遺言をする場合:妻・次男 自社株以外の財産、長男 自社株。
ページ内リンクのメニューに戻る

介護してくれる息子の嫁がいる

遺言することで、相続人以外の縁故者に財産を遺贈することができる。

遺言をしない場合、次男の妻は法定相続人ではないため、財産を遺贈することができない。
ページ内リンクのメニューに戻る

孫に財産の一部を残したい

遺言することで、相続人以外(孫)に財産を遺贈することができる。孫に遺贈することで相続税の課税を一回免れる。

遺言して1世代飛ばし相続することで、節税することができる。

養子縁組の場合は、下記のようになります。

1世代飛ばす相続で、相続人が増える。一回分の相続税がない。※2割加算適用あり
ページ内リンクのメニューに戻る

子供がいない夫婦

配偶者に財産を全額残せる。遺言をしない場合には、被相続人の弟、妹に法定相続分(1/8)の財産が移ることになる。

遺言をしない場合(法定相続分):妻3/4、弟1/8、妹1/8。遺言をする場合:妻に財産を全額残せる。※兄弟には遺留分がありません
ページ内リンクのメニューに戻る

隠し子がいる

隠し子(非摘出子)の法定相続分は摘出子の半分。遺言することですべての子供たちに平等に財産を相続させることができる。

遺言をしない場合(法定相続分):妻1/2、長男1/4、長女1/4。遺言をする場合:隠し子を遺言で認知する。長男長女各1/5、隠し子1/10。財産の指定をする。すべての子供たちに平等に財産を相続させることができます。(遺留分を侵害しない範囲で・・・)
ページ内リンクのメニューに戻る

暴力を振るう息子がいる

遺言書を作成することで法定相続人を相続人から排除することができる。

遺言をしない場合(法定相続分):妻1/2、長男1/4、長女1/4。遺言をする場合:息子を相続人から排除する。妻1/2、長女1/2、長男0。※家庭裁判所への請求が必要
ページ内リンクのメニューに戻る
ページの先頭へ戻る
税理士による無料面談